【今週の記事(1/18)】「タブレットが牽引する米国のモバイルコマース」など4本

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、毎週金曜日は、私が今週チェックして気になったニュース&記事の紹介です。広くECに関する情報で、「これは!」と思ったものをピックアップして紹介していきます。

今週チェックして気になったニュース&記事

McommerceUS2013b

今週はまずこのニュースから。

注目すべきはモバイルデバイス別の売上高である。表は、eコマース総売上高の中で、スマートフォンやタブレットを介した売上高の割合を、デバイス別に示している。2012年には、タブレットによる売上がスマートフォンを追い抜いている。さらにその差は広がっていくと予測している。つまりこれからのモバイルコマースを牽引するのは、タブレットであると予測している。

また、検索連動型広告に関する記事ですが、2012年英国の小売り業界では、タブレット端末のパフォーマンスがスマートフォンを凌駕したといった記事もありました。

kenshoo_table_2-blog-full

今度は日本国内ですが、ネット利用では「スマホ > ガラケー」とのこと。

これらを単純な比較はできませんが、1つの仮説として情報収集(位置情報に関するものも含む)はスマホで、EC行動はPCもしくはタブレットでという行動パターンが浸透してきていると考えられるのでは?ゆえに、「日本の2013年は、スマホ対応がカギだ!」と言っていますが、実は、ECに限って言えば「タブレット」がカギを握っているのではないでしょうか。しかし、ファブレット(5インチ以上のディスプレイを搭載したスマートフォン)の動向も見逃せません。

screen-shot-2013-01-16-at-17-38-30

デバイスによって、消費者行動も大いに影響を受け、変わっていきます。こういった動向にも目を向けていきたいですね。

EC-LABOの購読にはRSSが便利です

このブログでは、ECサイトで集客・売上をアップに役立つ情報を紹介していきます。更新情報はRSS配信していきますので、最新情報は見逃さないようにしてください。
RSSリーダーで購読する

No Responses

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です