コンバージョンを7倍にした広告文の改善法

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日・一昨日と、私がリスティング広告の運用を担当したECサイトで、7倍のコンバージョン数を獲得するのに行ったことについてお話ししました。詳細はこちらをご覧ください。
listing-ad

私がリスティング広告で7倍のコンバージョン数を獲得するのに行った3つのこと

http://ec-labo.net/how-to-improve-conversion

コンバージョンを7倍にしたキーワードの選び方

http://ec-labo.net/how-to-choose-keyword/

本日は、【魅力的な広告文への改善法】についてお伝えします。様々な考え方があるとは思いますが、私はシンプルに下記の3つの観点を押さえて改善を試みました。

【1】タイトルにキーワードを含める

copy01

そのまんま、ですね。例えば、「野菜 通販」というキーワードを設定していたとすれば、上図のようにタイトルに「野菜 通販」という文言を入れておく、ということです。そうしておくことで、以下のようなメリットがあります。

    ● 検索されたワードは「太字」で表示され目につきやすくなる
    ● キーワードと広告文の関連性を高め、品質スコアを向上させる

【2】メリットを強調する

copy02
商品やサービス、競合との差別化ポイントやユーザーにとってのメリットを具体的に表現する、ということです。例えば、上図の例で言うと「【産地直送】」「980円でお届け」「送料無料」「即日発送」がそれに当たります。「メリット」というのは、一般的には下記のような観点で訴求することができるので、ぜひご自身でも考えてみて、レパートリーを増やしてみましょう。

    ●権威:xx賞受賞
    ●社会的証明:顧客満足度xx%以上、xx件の実績
    ●歴史:創業xx年
    ●価格訴求:最大80%OFF
    ●無料:送料無料、無料相談
    ●納期:即日発送

【3】ユーザーの行動を促す

copy03
ユーザーにとってほしい行動を明確に表現します。上図の例では、「通販」や「初めての方限定」あたりでしょうか。もっと具体的な表現としては、以下のような文言が考えられると思います。

    ●ご注文はこちらから
    ●今すぐ注文で即日発送
    ●簡単注文で即日発送
    ●2500円以上購入で10%OFF!

逆に、「毎日健やかに過ごすためには?」「昨日食べた野菜の産地、ご存知ですか?」といったような疑問文、お誘い広告文にしてしまうと、「野菜通販の購入」を目的としていない人までクリックしてしまう可能性があり、費用対効果を悪くしてしまいます。上記の場合、目的はあくまでも「野菜通販の購入」であって、TVCMのように「商品の認知度向上」ではありません。その辺りは注意してくださいね。

以上、私が実践して結果を出した、魅力的な広告文への改善法です。ブログではお伝えしきれなかった部分もあるので、ご質問等ある方はコンタクトフォームからご連絡ください。もしくは、下記関連書籍でさらに知見を深めてみてください。

オススメのリスティング広告関連書籍

プロの思考回路 SEMリスティング広告 リスティング広告

もっと深いリスティング情報はこちらのサイトで!

home-catch

EC-LABOの購読にはRSSが便利です

このブログでは、ECサイトで集客・売上をアップに役立つ情報を紹介していきます。更新情報はRSS配信していきますので、最新情報は見逃さないようにしてください。
RSSリーダーで購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です