ECショップのリスティング集客で必ず使いたい便利な機能

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告でECショップの集客を行う場合、気をつけなければいけない点があります。その1つは「キーワードの数が通常のリスティングに比べ非常に多くなる」ということです。扱う商品が多ければ多いほど、設定しなければいけないキーワードの数も増えてしまい、設定や管理がとても大変になります。今日は、そんなECショップのリスティング集客で必ず使いたい便利な機能をご紹介します。

商品リスト広告

1つ目は、商品リスト広告です。これは、検索ネットワーク広告の枠に商品の画像が広告として表示されるものです。ビジュアルを重視する商品を扱っている方(洋服、アクセサリー、家具など)にオススメの機能です。

商品リスト広告

クリック単価が非常に安くクリック率が高いので、コストを抑えてユーザーを集めることができ、獲得単価も安くなります。ただし、利用する場合は「Googleショッピング」に商品に登録しなければならず、アドワーズの管理画面だけでは設定ができません。この商品リスト広告の特徴をまとめると、下記3点になります。

1.キーワード、広告テキストの設定は不要

Google Merchant Centerアカウント内の商品情報を活用し、自動的に広告を生成してくれます。ユーザーの検索ワードと関連性の高い商品が自動的に選ばれるため、キーワード・広告テキストの設定は不要になります。

2.クリック率・コンバージョン率の向上

画像付きで商品情報を伝えることができるため、商品リスト広告は、テキスト広告と比較して高いクリック率・コンバージョン率が期待できます。

3.詳細なターゲティングが可能

商品カテゴリごとに、個別の入札単価を設定することができるため、注力商品には高めの入札単価を設定するなどの個別設定が可能です。

商品リスト広告の設定手順はこちら。
Googleビジュアルナビ「商品リスト広告の設定方法」
https://sites.google.com/site/adwvisualnavi/plasetting

動的検索広告

2つ目は、動的検索広告です。これは、あなたががキーワードを選択する煩わしい手間などは必要なく、検索エンジンで利用される検索クエリに適した広告が表示される仕組みです。サイトで提供されている商品と関連性の高い検索を特定し、広告を自動表示してくれるんです。この動的検索広告の特徴は下記の3点。

1.時間を節約

サイトに掲載している商品やサービスごとにキーワードや入札単価、広告テキストを設定する必要がなくなります。代わりに、サイトで提供している商品と関連性の高い検索で自動的に広告を表示してくれます。

2.関連性の高い広告を表示

検索クエリの内容とサイトの商品やサービスとの関連性が高い場合、検索クエリと広告のリンク先ページで使用されている語句をタイトルに使った広告を動的に生成してくれます。

3.あくまでも、キーワード キャンペーンの補完

既存のアクティブなキーワードと競合することなく、既存のキャンペーンの品質スコアに影響することなく、よろしくやってくれます。

動的検索広告の設定手順はこちら。
AdWords ヘルプ「動的検索広告を使用、作成、最適化する」
https://support.google.com/adwords/answer/2471185?hl=ja

もっと深いリスティング情報はこちらのサイトで!

home-catch

EC-LABOの購読にはRSSが便利です

このブログでは、ECサイトで集客・売上をアップに役立つ情報を紹介していきます。更新情報はRSS配信していきますので、最新情報は見逃さないようにしてください。
RSSリーダーで購読する

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin