デジタル時代に生きるマーケターとして読んでおきたい5冊

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルマーケターが読むべき100冊+α [Amazon] 』を読みました。現代マーケターが知っておくべき知識を俯瞰できるブックガイド的1冊。多種多様な企業人や識者が紹介した100冊+αの中から5冊をピックアップしてみました。

デジタルマーケターが読むべき書籍ベスト5

「さとなお」こと佐藤尚之氏による、コミュニケーションデザインに関する1冊。消費者を知ることの重要性が繰り返し強調されています。
→ Kindle版(350円!)のページはこちら
→ 楽天ブックスのページはこちら

ビッグデータのマーケティング活用は避けて通れない現代。数あるビッグデータ関連書籍の中でも、マーケター目線で書かれた1冊です。
→ 楽天ブックスのページはこちら

マーケティングの根底にある心理学。人の心理をどうビジネスに活かすかを説いた1冊。「消費者として広告・宣伝に騙されないために」という視点だけでなく、「マーケターとしていかにして消費者の心理を捉えるか」が学べます。
→ 楽天ブックスのページはこちら

ソーシャルメディアを含む「コミュニケーションプランニング全体の設計法」について学べる1冊。最新のツールや手法ありきではない、本質的な考え方が詰まっています。
→ 楽天ブックスのページはこちら

ソーシャルメディアマーケティングのバイブルとも言える1冊。企業と消費者との関係性を「人と人との関係性」として捉え直さなければと気づかされます。
→ 楽天ブックスのページはこちら

そして最後に、『デジタルマーケターが読むべき100冊+α [Amazon] 』に書かれていて、心に刺さった言葉を紹介。

これからのマーケターに必要なのは、キュレーション力。(中略)間接的に消費者がどう思っているのか「guess」するのではなくて、直接聞いて「know」して変えていく、消費者と一緒に、involvement(巻き込むこと)されて作っていく、それがマーケターの仕事だと考えた方がいい(p.6)

ガイドブックとしてだけではなく、今の時代におけるマーケティングのトレンドを読み取ることもできます。興味のある方は、ぜひこちらも読んでみてください。→ 楽天ブックスのページはこちら

EC-LABOの購読にはRSSが便利です

このブログでは、ECサイトで集客・売上をアップに役立つ情報を紹介していきます。更新情報はRSS配信していきますので、最新情報は見逃さないようにしてください。
RSSリーダーで購読する

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です