権威からのお墨付きに弱い《行動心理学(2)》

このエントリーをはてなブックマークに追加

「eコマースは行動心理がすべて」であり、人はどのような心理で動くのか?を理解することが第一の基本、かつ、これを押さえられるかどうかで売上の成果が大きく変わってくると言えます。今回は、行動心理の「権威性」に焦点を当て、Conversion(転換)をいかに高めていくかについて考えていきます。

【eコマースで活用できる6つの行動心理】

    1. 社会的証明を求める
    2. 権威からのお墨付きに弱い ◀ 今回ここ
    3. 「限定」と言われると欲しくなる
    4. 好きな人の意見には従いたい
    5. 一貫性を求める
    6. 良くしてくれた相手には報いたい

「権威」に応じることは正しいと考える

私たち人間は、権威からのお墨付きに弱いです。つまり、その道のプロや専門家が大絶賛していると聞くと、自分で考えることを止めて、権威者の言うことを無条件に信じてしまうということです。

例えば、「グッドデザイン賞受賞!」とか「モンドセレクション最高金賞受賞!」、あるいは「ミシュラン三つ星」などは【権威からのお墨付き】の良い例ですね。また、スイーツなど食品系でよくある「カワ○エ・タ○ヤ氏監修」なんていうのも権威性をうまく利用したものですね(その権威性を高めたり、維持したりするのはまた別の話です)。

authority

人は、その道のプロや専門家のお墨付きがあると、自分で検証することをせず、その商品は信頼できると思う傾向がある

ということを活かして、あなたのECサイトではどのようなことができますか?

EC-LABOの購読にはRSSが便利です

このブログでは、ECサイトで集客・売上をアップに役立つ情報を紹介していきます。更新情報はRSS配信していきますので、最新情報は見逃さないようにしてください。
RSSリーダーで購読する

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
No Responses