売れるECサイトが押さえている6つの基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

ECサイト、あるいはランディングページ(バナー広告や検索結果ページなどを経由してユーザーが最初に訪れるWebページのこと)を見ると、イケてるサイトには共通している点が見られます。それを「売れるECサイトが押さえている6つの基本」としてご紹介します。ECサイトやランディングページのコンバージョンが低くてお悩みの方、シンプルなのでぜひ参考にしてみてください。

1. 入力箇所を示すカーソル|Pre-Populate Cursor

ユーザーに文字を入力してもらう場合、ユーザーのストレスを減らすために、カーソルなどで入力箇所を示す。
Pre-Populate-Cursor

2. 「視線」による視線誘導|Eye Contact

「人は、他人が見ているものを見る」という原則があるそうな。クッリクさせたいボタンやリンク(call to action)付近に人が写っている広告があるなら、そちらを向いた写真・画像を置く。
Eye-Contact

3. 信頼を得るためのお客様の声|Testimonials

見込み客と信頼関係を構築するには、既存客からの称賛が最良の方法。ページのヘッダーやサイドバーに「お客様の声」を掲載する。
Testimonials
※「お客様の声」の具体的な作成事例は、『見せるだけで売れてしまう「事例広告」の方法 [Amazon] 』を参考にしてみてください。

4. 背中を押す行動保証|Point of Action Assurances

ユーザーに安心してクリックしてもらうために、クッリクさせたいボタンやリンク(call to action)のできるだけ近くに、信頼できるアイコンを置く。
Point-of-Action-Assurances

5. 一致した見出し|Match Headline with Intent

訪問者がページを見たときに「これは、探していたもの/広告でクリックしたものだ!」と思わせるためにも、見出しを意図的に一致させる。
Match-Headline-with-Intent

6. 促す行動は1つだけ|Drive a Single Call-to-Action

ページであれやこれやと要求するのではなく、ユーザーに望む行動はシンプルに1つの行動に絞る。
Drive-a-Single-Call-to-Action

本文は、下記サイトからかなり意訳したものを掲載しています。
詳細は以下からどうぞ。
》元記事:6 Essential PPC Landing Page Optimizations(SEOmoz)

EC-LABOの購読にはRSSが便利です

このブログでは、ECサイトで集客・売上をアップに役立つ情報を紹介していきます。更新情報はRSS配信していきますので、最新情報は見逃さないようにしてください。
RSSリーダーで購読する

No Responses

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です